竹馬(たけうま)三冬

【子季語】
高足、たかし、鷺足
【解説】
二本の竹の棒の中ほどに、足を乗せる横木を取り付けたもの。その一本ずつに足を乗せてバランスをとる。器用な子ほど横木の位置を高くして大またで歩き回る。

*

竹馬の影近づきし障子かな
松本たかし 「松本たかし句集」

竹馬の羽織かむつてかけりけり
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。