悴む(かじかむ) 晩冬

【子季語】
悴ける、こごゆ
【解説】
冬の冷気のため、手足が思うように動かせなくなる状態。ひいてはその状態が心にまで及ぶことがある。

飴なめて流離悴むこともなし
加藤楸邨「野哭」

コメントは受け付けていません。