神の旅(かみのたび)初冬

【子季語】
神立、神の旅立
【解説】
陰暦十月、諸国の神々が出雲大社へ集まるために旅立つこと。男女の縁を結び給うために集まるという。相談を終えた神々は十月晦日にそれぞれの国に帰る。もともとあった田の神が秋の収穫をもたらしたのちに山に帰るという信仰と、出雲信仰が結びついたとされる。

*

都出て神も旅寝の日数哉
芭蕉 「己が光」

旅じたく神の御身をせはしなや 
一茶 「七番日記」

凩に葉守の神も旅出哉
北冥 「恒誠」

かつらぎの神もおたちか小夜しぐれ
露川 「小弓俳諧集」

コメントは受け付けていません。