酉の市(とりのいち)初冬

【子季語】
お酉さま、一の酉、二の酉、三の酉、熊手市、おかめ市、頭の芋
【解説】
十一月の酉の日に各地で行われる祭礼。一の酉二の酉、年によっては三の酉まである。この日、浅草鷲(おおとり)神社の境内では「縁起熊手」を求める人であふれかえる。

*

世の中も淋しくなりぬ三の酉
正岡子規 「子規句集」

酉の市江戸滞留の文のはし
細谷不句 「俳句三大集」

通りをる電車不思議や酉の市
久米三汀 「返り花」

その奥におかめが笑ふ大熊手
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。