除夜の鐘(じょやのかね、ぢよやのかね)暮

【子季語】
百八の鐘
【解説】
大晦日の夜半十二時を期に、仏教寺院では百八の数の鐘が撞かれる。その数は、人の煩悩罪障を示す。世界の平和や安寧をも願うこの鐘の響きは誰しもの耳底に残る、往く年来る年の間をつなぐ音声といえよう。

*

天地の荒ぶる年や除夜の鐘
長谷川櫂 「初雁」

みづうみのむかうの寺の除夜の鐘
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。