第5回恋の俳句大賞は岡崎陽市さん

第5回恋の俳句大賞は岡崎陽市さん虹の句に決定いたしました。大賞作品はこれまでどおりハウステンボス(長崎県)の園内にプレートにして展示します。投句総数は418句。第6回の応募締め切りは1月31日です。

【大賞】
虹たちて恋びとたちの地球かな  岡崎陽市

*選評
 地球上のいろんな場所に立つ虹と恋人たちが見えてくる。いまさまざまな問題を抱えている地球。それでも地球はこんな星なんだ、こんな星であって欲しいという願いが一句になった。希望をもちつづけることこそが希望。(長谷川櫂)
 虹がたちシャガールの恋人たちのような絵が生まれる。夢のある恋の句(趙栄順)

長谷川櫂選
【特選】
虹たちて恋びとたちの地球かな  岡崎陽市
とりあえず暑い暑いと恋はじめ  野上卓
みつ豆や君には君の好きな人  イーブン美奈子
約束がゆつくり歩くはだしかな  三玉一郎
好きだったことは後悔しない 夏  小島寿々
【入選】
この恋も初めての恋さくらんぼ  川辺酸模
見せたうて水着を買うて来たんやで  藤田貞利
なつかしや恋路の果ての日なたぼこ  瀧澤久子
出目金魚一匹連れて告白す  前田みづえ
恋秘めてキャンプファイヤー囲みけり  岡崎陽市
長すぎた春の終りを告げる鐘  光畑勝弘
蛍の帰してくれぬふたりかな  三玉一郎
落ちてみる真夏の恋の落とし穴  藤森荘吉
君となら素顔のままで鳳仙花  斉藤真知子
振られてはまた恋をして苺食う  鎌田彩海
遠花火逢いたい人は一人だけ  城内幸江
不意にくる夕立君の傘にいり   藤田ゆりか
恋の浜敵も味方もサングラス  稲垣雄二

趙栄順選
【特選】
恋心あれば鳴るはず草の笛  武田百合
*恋人のふく草笛はまるで恋を語るよう。何とかして鳴らしたい男心。
虹たちて恋びとたちの地球かな
*虹がたちシャガールの恋人たちのような絵が生まれる。夢のある恋の句。
夢の世の恋に揺るるや草の花  川辺酸模
*現世では叶わなかった恋。草の花となって揺れている。
恋の浜敵も味方もサングラス  稲垣雄二
*夏の浜辺は恋のさや当てが盛ん。サングラスがユーモラス。
うたた寝て恋の水母に刺されけり  川辺酸模
*恋の始まりはいつも唐突。うたた寝をしている場合じゃない。
【入選】
初めてのキス風花の味がした  夏井通江
恋なくば空しき浮世茄子の花  川辺酸模
虹が出て 相合傘と さようなら  比屋根ありさ
君の部屋金魚になりて息ひそめ  小島寿々
少しずつ恋が溶けてく日永かな  小島寿々
したたかに恋にやつれて冷素麺  武田百合
君に会ひ恋するために生まれけり  木下洋子
桑の実や夫は農夫の手もて抱く  夏井通江
恋失せて天下泰平昼寝かな  川辺酸模

コメントは受け付けていません。