秋の「きごさい+」は高橋順子さんの「風の名前」

秋の「きごさい講座+句会」の講師は詩人の高橋順子さんです。高橋さんは『高橋順子自筆句集五十句』(沖積舎)を出されたばかり。ふるってご参加ください。

susuki日時:2016年10月2日(日)13:30〜16:30(13:10開場)
会場:神奈川近代文学館、中会議室(港の見える丘公園)〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666 みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分 http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/

講座:13:30~14:30  
演題:風の名前
講師:高橋順子(たかはしじゅんこ)詩人。1944年千葉県生まれ。東京大学仏文卒。著書に詩集『時の雨』(読売文学賞)、『お遍路』、『あさって歯医者さんに行こう』、『海へ』(藤村記念歴程賞、三好達治賞)、短編集『海へびのぬけがら』、エッセイ集『一茶の連句』、『水のなまえ』、佐藤秀明写真による『雨の名前』、『風の名前』、『花の名前』、『月の名前』、『恋の名前』など。
講師の一言:季語に採用されている他に、日本には2000以上もの風の名前が伝わっています。私は以前写真家とともに『風の名前』という本を上梓しました。じっさいに吹かれた風は寥々たるものですが、国語辞典などに当たって調べてみると、興味深いものがありました。風についての言い伝えや、うたを味わってみたいと思います。(髙橋順子)
     
句会:14:45~16:30(参加は自由、14:45投句締切、当季雑詠5句、選者=高橋順子、長谷川櫂)

参加費:きごさい正会員1,000円、非会員2,000円
申し込み:きごさいホームページの申し込み欄から、あるいはきごさい事務局に電話、ファクシミリでお申し込みください。TEL&FAX 0256-64-8333。申し込みなしの当日参加もできます。

コメントは受け付けていません。