鯨(くじら、くぢら)

三冬
【子季語】
初鯨、勇魚、抹香鯨、座頭鯨、長須鯨、白長須鯨、鰯鯨、背美鯨、小鯨
【解説】
日本の海域を鯨は餌を追って回遊する。昔から捕獲、食用されてきた。特に番となる冬季は活動が活発になる。潜水のあと潮を噴きあげる様は壮観である。

*

船繋ぐ裏門高しはつ鯨
野坡 「野坡吟草」

暁や鯨の吼ゆる霜の海
暁台 「暁台句集」

鯨売市に刀を鼓しけり
蕪村 「蕪村句集」

大風に吹かれて去りぬ鯨売
石井露月 「露月句集」

牛に乗つて鯨見るなり佐渡の浦
藤野古白 「古白遺稿」

鯨よる浜とよ人もたゞならず 
尾崎紅葉 「紅葉句帳」

なつかしや山人の目に鯨売 
原石鼎 「花影」

凩に鯨潮吹く平戸かな
夏目漱石 「漱石全集」

よき人の夢の中ゆく鯨かな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。