鷹(たか)三冬

【子季語】
のすり、八角鷹、熊鷹、鶚、青鷹、蒼鷹、もろがへり、大鷹
【解説】
ワシ、タカ科の中形の鳥類の総称で、色彩は主に暗褐色。嘴は強く鋭く曲がり、脚には強い大きな鉤爪があり小動物を襲って食べる。鷹狩に使われているのは主に大鷹である。蒼鷹(もろがえり)は、生後三年を経たたかのこと。

*

鷹一つ見付けてうれし伊良古崎
芭蕉 「笈の小文」

夢よりも現の鷹ぞ頼もしき
芭蕉 「鵲尾冠」

鷹の目の枯野にすわるあらしかな
丈草 「菊の香」

あら浪に山やはなれて鷹の影
麦水 「葛箒」

落し来る鷹にこぼるる松葉かな
白雄 「白雄句集」

鷹来るや蝦夷を去る事一百里
一茶 「寛政句帖」

鷹とほる柿爛熟の蒼の中
飯田龍太 「春の道」

ただ一つ飛びゆく鷹のさびしさよ
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。