笹鳴(ささなき)三冬

【子季語】
小鳴、笹子、笹子鳴く、鶯の子鳴く
【解説】
鶯は冬になると餌を求め、山を下り人里で暮らす。鳴き声の美しい鶯も冬にはチャッ、チャッ、という地鳴きしかできない。幼鳥に限らず、冬の鶯の鳴き方はこの地鳴きである。

*

笹鳴きも手持ちぶさたの垣根かな
一茶 「文化句帖補遺」

さゝ鳴や葉もなき枝に居並び
蝶夢 「草根発句集」

ささ啼のとぶ金色や夕日笹
原石鼎 「花影」

鎌倉の五山のひとつ笹鳴けり
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。