寒鴉(かんがらす)晩冬

【子季語】
寒鴉(かんあ)、冬鴉
【解説】
寒中に見る鴉をいう。ところどころ雪のある冬田の中を、鴉が餌を求めて歩く。一、二羽で現れることが多く、なんとなく哀れで親しみがわく。餌の無き、厳しい冬を生き抜く姿に惹かれるものがある。

*

寒烏かはいがられてとられけり
一茶 「九番日記」

貧かこつ隣同士の寒鴉
正岡子規 「子規句集」

木の如く凍てし足よな寒鴉
富田木歩 「定本木歩句集」

寒鴉己が影の上におりたちぬ
芝不器男 「不器男句集」

松林にまた朋追へり寒鴉
原石鼎 「花影」

原爆図唖々と口あく寒鴉
加藤楸邨 「まぼろしの鹿」

コメントは受け付けていません。