水鳥(みずどり、みづどり)三冬

mizudori【子季語】
水禽
【解説】
水上に暮らす鳥の総称である。この、水鳥がもっとも多く観察できるのが冬である。鴨、雁、白鳥、都鳥、鳰(かいつぶり)、鴛鴦(おしどり)など、家鴨(あひる)も含まれる。

*

水鳥のおもたく見えて浮にけり
鬼貫 「鬼貫句集」

水鳥やむかふの岸へつういつうい
惟然 「惟然坊句集」

水鳥や堤灯遠き西の京
蕪村 「新五子稿」

水鳥を吹きあつめたり山おろし
蕪村 「新五子稿」

水鳥や百姓ながら弓矢取
蕪村 「新五子稿」

水鳥やさすがに雨をうちそむき
暁台 「暁台句集」

水鳥のどちらへも行ず暮にけり
一茶 「享和句帖」

水鳥の中つきわけて長いかだ
梅室 「梅室家集」

コメントは受け付けていません。