第6回恋の俳句大賞は三玉一郎さん

【大賞】
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎

【趙 栄順/特選】
君はいま春のひかりとなり来たる  斉藤真知子
・恋人は春のひかりをまとって。
名前呼ぶバレンタインの日やそつと  三玉一郎
・まだ告白できない人の名か、秘めたる恋心。
初富士や君かたはらにゐればこそ  木下洋子
・愛する人が傍らにいてくれてこその富士のめでたさ。
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎
・花吹雪のなかで思う懐かしいひと。桜に宿る力。
好きな人いることが好きラ・フランス  早川高典
・恋に恋する年頃の初々しさ。
【入選】
悴みて告げ得ぬ恋のありにけり  川辺酸模
恋心まだありますかふかし藷  椋本望生
見合する気のなささうなラ・フランス  菅原晋也
大胆に薔薇切り取るや恋始め  永井和子
まろび寝て恋を夢見る海鼠かな  川辺酸模
恋あまた思ひ出となり毛糸編む  斉藤真知子
君とならのぼつてみたき雲の峰  長井亜紀
つかまえて私あなたの兎です  小島寿々
花火観る君の瞳の花火見る  矢作輝
花が語りだしたら恋のはじまり  近藤いずみ
【長谷川櫂/特選】
会ひにゆく百万本の冬木立  三玉一郎
・冬木立の中を急ぐ人。百万本に迫力がある。
たまには夫にも愛のチョコレート  明日也
・灯台下暗し?大事な人をときどき思い出す。
夏の蝶見てゐる君を見て居りぬ  石上佐知子
・この控えめな感じを忘れないでいたい。男も女も。
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎
・花吹雪となって降りしきるあなたの思い出。あなたのかけら。
目つむれば君といた冬2000年(ミレニアム)  永友萌
・十七年前の追憶。冬が切ない。
【入選】
お別れの真昼のクリスマスツリー  鴻池貴光
heavy級 味わう 愛のチョコレート  田村美香
シュプールを描いて彼に真っしぐら  渡部葉子
恋をしてやさしい顔の雪だるま  城内幸江
初雪や隣に君のゐる奇跡  石上佐知子
恋心まだありますかふかし藷  椋本望生
再会は二十五回の冬のあと  矢作輝
桜貝ふたりで海を見ていた日  斉藤真知子
脱ぐために着る夏服をえらんでる  早川高典
花が語りだしたら恋のはじまり  近藤いずみ

コメントは受け付けていません。