氷柱(つらら)晩冬

【子季語】
垂氷、銀竹、立氷、氷条、氷著、氷笋、氷筋
【解説】
水のしずくが凍ったもの。家の軒や木の枝、岩石などから垂れ下がる。北国では、寒さによって、地まで達するようなものもできる。寒さとともにどこか明るさもある。
*

朝日影さすや氷柱の水車
鬼貫 「大悟物狂」

松吹きて横につららの山辺かな
来山 「続いま宮草」

一雫しては入日の氷柱かな
蓼太 「蓼太句集」

御仏の御鼻の先へつららかな
一茶 「七番日記」

軒の氷柱に息吹つかけて黒馬(あを)よ黒馬よ
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

空の青ひとすぢとほる氷柱かな
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。