鰯(いわし)三秋

【子季語】
弱魚、真鰯、鰯売、鰯干す
【解説】
暖流に乗って大群で近海に押し寄せるため、海の色が変ることもある。漁獲量が多く値も安い。背は濃藍色で腹は銀白色。体に七つ星の黒点がある。秋が旬で鱠や塩焼で食す。

*

此浦に花も紅葉も鰯かな 
支考 「東西夜話」

聞くに聲の西南よりや秋鰯 
宗因 「梅翁宗因発句集」

飲時をねらふてくるや鰯船
呼丁 「泊船集」

水場の声それだけか鰯売
薫松 「小弓俳諧集」

鰯めせめせとや泣子負ひなから
一茶 「一茶句帖」

コメントは受け付けていません。