桐一葉(きりひとは)初秋

【子季語】
ひとは、一葉、一葉落つ、桐の葉落つ、桐散る、一葉の秋、桐の秋
【解説】
秋に桐の葉が落ちること。桐一葉、あるいは一葉という。本来の桐はアオギリ科の悟桐を指すがゴマノハグサ科の桐を含めて「桐」と称されている。

*

よるべをいつ一葉に虫の旅寝して
芭蕉 「東日記」

水の蛛一葉にちかくおよぎ寄る
其角 「刀奈美山」

石塔をなでては休む一葉かな 
嵐雪 「杜撰集」

たばこよりはかなき桐の一葉かな
支考 「流川集」

何と見む桐の一葉に蝉の殻
白雄? 「白雄 句集」

蜘の糸ちぎれて桐の一葉かな
几董 「晋明集四稿」

桐一葉又一葉又一葉哉
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。