小春(こはる)初冬

【子季語】
小六月、小春日、小春日和、小春空、小春風、小春凪
【解説】
陰暦十月の異称である。まだ本格的な冬とはならず暖かい日和が春先の陽気を思わせるが、春とは区別して「小春」という。冬囲いに精を出したり、越冬野菜を取り入れたり、大根や柿を吊るし干にしたり、本格的な冬に備えるころの日和である。

*

団栗は小春に落つる端山かな
言水 「流川集」

月の鏡小春に見るや目正月
芭蕉 「続山の井」

ささ栗の柴に刈らるる小春かな
鬼貫 「続都曲」

古家のゆがみを直す小春かな
蕪村 「落日庵句集」

海の音一日遠き小春かな
暁台 「暁台句集」

水底の砂も小春の日なたかな
梅室 「梅室家集」

草山の重なり合へる小春哉
夏目漱石 「漱石全集」

玉の如き小春日和を授かりし
松本たかし 「松本たかし句集」

大佛に足場かけたり小六月
星野立子「實生」

白い肌着のなかの膚の小六月
飯田龍太 「春の道」

白雲のうしろはるけき小春かな
飯田龍太 「遅速」

小春日や粟のこぼるる小鳥籠
長谷川櫂 「天球」

小春日の影のにぎやか小鳥籠
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。