冷たし(つめたし)三冬

【子季語】
底冷え
【解説】
冬の寒さをあらわすが、冷たしは局所的、触覚的な場面で使はれることが多い。

*

冷たいにつけてもゆかし京の山
鬼貫 「鬼貫句選」

膝頭つめたい木曽の寝覚哉
鬼貫 「鬼貫句選」

つめたさに箒捨てけり松の下
太祇 「太祇句選」

日のあたる石にさはればつめたさよ
正岡子規 「寒山落木」

つめたい風の耳二つかたくついてる
尾崎放哉 「大空」

生前も死後もつめたき箒の柄
飯田龍太 「忘音」

コメントは受け付けていません。