鴨(かも)三冬

【子季語】
青頚、真鴨、巴鴨、鈴鴨、蓑鴨、蘆鴨、尾長鴨、小鴨、蓑葭、星羽白
あいさ、鴨舟、鴨打、鴨道、鴨鍋
【解説】
どこにでも見られる親しい水禽。主に海と流水に棲むものに大別される。北国より渡り来て、春には帰る。狩猟の対象として真鴨は人気が高い。

*

毛衣に包みてぬくし鴨の足
芭蕉 「続猿蓑」

海暮れて鴨の声ほのかに白し
芭蕉 「野ざらし紀行」

鈴鴨の声ふり渡る月寒し
嵐雪 「続の原」

鴨啼くや弓矢を捨てて十余年
去来 「いつを昔」

水底を見てきた顔の小鴨かな
丈草 「猿蓑」

鈴鴨の虚空に消ゆる日和かな
蒼? 「蒼?選句集」

鴨啼くや上野は闇に横はる
正岡子規 「子規句集」

鍋にして一羽の鴨でもてなしぬ)
長谷川櫂 「初雁」)

コメントは受け付けていません。