鴛鴦(おしどり、をしどり)三冬

osi【子季語】
匹鳥、銀杏羽、思羽、剣羽、番鴛鴦、離れ鴛鴦、鴛鴦の契、鴛鴦の浮寝、鴛鴦の独寝
【解説】
ガンカモ科の水禽。雄の羽根の造形は華麗で色も鮮やか。靜かに水に浮いている様は九谷焼の置物のごとし。「鴛鴦夫婦」のことばがあるように、雌雄仲が良い。夏に山の渓流、湖などで繁殖、秋、里に現れる。里でも繁殖する。

*

里過て古江に鴛を見付たり 
蕪村 「蕪村句集」

鴛や池におとなき樫の雨 
蕪村 「落日庵句集」

帰り来て夜をねぬ音や池の鴛  
太祗 「太祗句選」

かざし羽の帆になるをしの浮寝かな
梅室 「梅室家集」

横ざまに鴛のながるる早瀬かな 
蝶夢 「草根発句集」

こがらしや日に日に鴛鴦のうつくしき
士朗 「枇杷園句集」

古池のをしに雪降る夕かな 
正岡子規 「子規句集」

鴛鴦浮くや雌やヽに雄に隠れがち
原石鼎 「花影」

鴛鴦に白く氷の張りつめし
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。