千鳥(ちどり)三冬

【子季語】
目大千鳥、大膳、胸黒、小千鳥、白千鳥、鵤千鳥、千鳥足、千鳥掛、磯千鳥、浜千鳥、浦千鳥、島千鳥、川千鳥、群千鳥、友千鳥、遠千鳥、夕千鳥、小夜千鳥、夕波千鳥、月夜千鳥、鵆
【解説】
チドリ科の鳥の総称で留鳥と渡り鳥がある。嘴は短く、色は灰褐色。足を交差させて歩むのが千鳥足。酔っ払いの歩行にたとえられる。

*

星崎の闇を見よとや啼千鳥
芭蕉 「笈の小文」

一疋のはね馬もなし川千鳥
芭蕉 「もとの水」

千鳥立更行初夜の日枝おろし
芭蕉 「伊賀産湯」

汐汲や千鳥残して帰る海人
鬼貫 「七車」

背戸口の入江にのぼる千鳥かな
丈草 「猿蓑」

蠣殻や下駄の歯音に飛ぶ千鳥
暁台 「あさかり」

仮まくら魚蔵(なくら)に千鳥降るがごとし
白雄 「白雄句集」

上汐の千住を越ゆる千鳥かな
正岡子規 「子規句集」

一つ一つ磐へこぼるゝ千鳥かな
原石鼎 「花影」

日輪に飛ぶ琅?)の千鳥かな
川端茅舎 「華厳」

子千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし
中村草田男 「美田」

コメントは受け付けていません。