鳰(かいつぶり)三冬

kaituburi【子季語】
におどり、むぐり、羽白鳰、赤襟鳰、耳かいつぶり
かいつむり、鳰、いよめ
【解説】
湖や沼に棲み、水に潜っては浮き上がってくる。毛糸玉のような小型の水鳥である。鈴をふる鳴き声は「にをの笛」という。古くは「鳰の海」と称された琵琶湖の水辺によく見かける鳥。

*

かくれけり師走の海のかいつぶり
芭蕉 「色彩原」

鳰とりや顔見合はせて又もぐる
蝶夢 「草根発句集」

湖や渺々として鳰一つ)
正岡子規 「子規句集」

かいつぶりさびしくなればくゞりけり
日野草城 「昨日の花」

淡海いまも信心の国かいつむり
森澄雄 「鯉素」

コメントは受け付けていません。