凍鶴(いてづる)三冬

【子季語】
霜の鶴、霜夜の鶴、鶴凍つ
【解説】
厳寒の中の鶴の印象をいう。風雪に耐えながら自らの翼に首をうずめて片脚で立っている鶴は、まさに凍てついてしまったかのようである。

*

凍鶴に忽然と日の流れけり
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。