河豚(ふぐ)三冬

hugu
【子季語】
ふく、真河豚、赤目河豚、虎河豚、針千本、箱河豚、河豚提灯、胡麻河豚、草河豚、金河豚、海雀、糸巻河豚、ふくと、河豚の毒、河豚中り
【解説】
硬骨魚目フグ科の海漁の総称。鰭は尾以外小さい。口が小さく歯が鋭い。水面で攻撃されると空気を吸込んで腹部を膨らますものが多い。内臓に猛毒を持っているので特別の免許を持った調理人がそれを取り除く。淡泊で美味。てっちり(河豚ちり)、てっさ(河豚のさしみ)は冬のごちそうである。

*

鰒喰うて其の後雪の降りにけり
鬼貫 「大悟物狂」

河豚釣らん李陵七里の浪の雪
芭蕉 「桜下文集」

あそび来ぬ鰒釣りかねて七里迄
芭蕉 「皺箱物語」

雪のふぐ左勝水無月の鯉
芭蕉 「虚栗」

手を切りていよいよ憎し鰒のつら
其角 「喪の名残」

河豚つりや海にきわ立ツ山の雪
史邦 「猿舞師」

もののふの河豚にくはるる悲しさよ
正岡子規 「獺祭句帖抄」

はこふぐの負ひて生きたる箱のさま
加藤楸邨「吹越」

存へて河豚に中りし話かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。