寒鮒(かんぶな)晩冬

【子季語】
寒馴れ、寒鮒釣
【解説】
寒中の鮒である。鮒は寒中あまり動かず草や岩陰にじっとひそんでいる。それを釣り上げて甘露煮などにする。この頃の鮒は脂肪が乗っている。

*

寒鮒を尋ねて市に鯉を得つ
正岡子規 「季語別子規俳句集」

寒鮒にまじりて由々し手長蝦
前田普羅 「普羅句集」

コメントは受け付けていません。