海鼠(なまこ)三冬

namako【子季語】
生海鼠、赤海鼠、黒海鼠、虎海鼠、なしこ、ふじこ、このこ、海参、海鼠突、海鼠売、海鼠舟、かいそ
【解説】
種類は多いが食用とするのは、真海鼠(まなまこ)など数種。冬が旬であり、格好な酒肴となる。内蔵からは海鼠腸(このわた)卵巣からは(このこ)が取れる。左党垂涎の味覚。

*

生きながら一つに冰る海鼠哉  
芭蕉 「続別屋敷」

俎板の氷をぬめるなまこかな
太祇 「新五子稿」

引き汐のわすれて行きしなまこかな
蝶夢 「草根発句集」

おもふこといはぬさまなる海鼠かな
蕪村 「落日庵句集」

憂きことを海月に語る海鼠かな
召波 「春泥句集」

魚市のとぼりて寒き海鼠かな
村上鬼城  「定本鬼城句集」

海鼠噛む遠き暮天の波を見て
飯田龍太 「涼夜」

一桶の氷にまじる海鼠かな
長谷川櫂 「初雁」

ひつそりと海鼠の水に泡ふたつ
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。