牡蠣(かき)三冬

【子季語】
石花、真牡蠣、牡蠣田、牡蠣殻、牡蠣打酢牡蠣、どて焼
【解説】
箱イボタガキ科に属する二枚貝の総称。岩などに付着している。波穏やかな入江に筏を浮かべ養殖する。生牡蠣も土手鍋も良いが、殻のまま焼き醤油とレモンをひとたらしすると旨い。

*

牡蠣よりは海苔をば老の売りもせで
芭蕉 「続虚栗」

から蛎の潮にもどるひとつかな
白雄 「白雄句集」

たまはるる石花にかしこしひねり文
嵐雪 「玄峰集」

蠣むきや我には見えぬ水かゞみ
其角 「五元集拾遺」

妹がりや荒れし垣根の蠣の殻
正岡子規 「子規句集」

牡蠣の口もし開かば月さし入らむ
加藤楸邨「怒濤」

わだつみの淋しらの牡蠣びつしりと
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。