冬の蠅(ふゆのはえ、ふゆのはへ)三冬

【子季語】
冬蝿、凍蝿、寒蝿
【解説】
寒い冬にも生き残っているあわれさがむしろ、命の実相を示してくれる季語である。

*

憎まれてながらふる人冬の蠅
其角 「五元集」

綿帽子の糊をちからや冬の蠅
許六 「韻塞」

摺墨の香は忘れずよ冬の蠅
白雄 「白雄句集」

日影もる壁に動くや冬の蠅 
闌更 「半化坊発句集」

日のあたる硯の箱や冬の蠅
正岡子規 「子規句集」

冬の蠅出て来て人にとまりけり
前田普羅  「普羅句集」

コメントは受け付けていません。