冬の梅(ふゆのうめ)晩冬

【子季語】
寒梅、寒紅梅
【解説】
冬のうちから花をつける梅のこと。初春を待つ心に適う。 

*

ゆつくりと寝たる在所や冬の梅
惟然 「梅桜」

冬の梅咲やむかしのあたゝまり
千代女 「千代尼句集」

冬の梅きのふやちりぬ石の上
蕪村 「蕪村句集」

寒梅を手折響や老が肘
蕪村 「蕪村句集」

ほし舎る冬木の梅のたち枝かな
大江丸 「俳懺悔」

梅一輪一輪ほどの暖かさ
嵐雪 「遠のく」

冬の梅あたり払つて咲きにけり
一茶 「七番日記」

寒梅や痛きばかりに月冴えて
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。