早梅(そうばい、さうばい)晩冬

【子季語】
早咲の梅、梅早し
【解説】
風土により早めに咲いた梅の花のこと。早咲きの梅をたずね歩くことを探梅という。

*

早梅や御室の里の売屋敷 
蕪村 「蕪村句集」

梅つばき早咲ほめむ保美の里
芭蕉 「真蹟詠草」

早梅や懸燈台の薄明かり
史邦 「北の山」

早梅の岨に温泉を引く筧かな
巌谷小波 「さゞら波」

早梅やひとりたのしき鳰
石田波郷「風切以後」

コメントは受け付けていません。