帰り花(かえりばな、かへりばな)初冬

【子季語】
返り花、帰咲、二度咲、忘花、狂花、狂咲
【解説】
初冬、小春日のころに返り咲く花をいう。桜・桃・梨・山吹・つつじなどに多く見られる現象。思いがけなく、ニ・三輪咲いたけなげな花に、やがて来る厳しい冬を思いやる。

*

凩に匂ひやつけし帰花
芭蕉 「後の旅」

波の花と雪もや水のかへり花
芭蕉 「加賀宝珠」

かへり花暁の月にちりつくす
蕪村 「夜半叟句集」

春雨と思ふ日もあり帰り花
蓼太 「蓼太句集」

帰り咲や狐川より志賀の花
才麿 「江戸弁慶」

ニ三日ちらでゐにけりかへり花
太祇 「書筒」

返り花咲けば小さな山のこゑ
飯田龍太 「今昔」

太陽のとほれる道に返り花
長谷川櫂 「富士」

寂庵の仏に捧ぐ返り花
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。