木の葉(このは)三冬

【子季語】
木の葉散る、木の葉の雨、木の葉の時雨、木の葉焼く
【解説】
地面に落ちてしまった葉、あるいは梢にわずかに残っている枯葉をいう。木の葉が散るさまやその音には哀愁が漂う。

*

柴の戸に茶を木の葉掻く嵐かな
芭蕉 「続深川」

木の葉散る桜は軽し檜木笠
芭蕉 「真蹟詠草」

三尺の山も嵐の木の葉哉
芭蕉 「己が光」

水底の岩に落ちつく木の葉かな
丈草 「青筵」

風落ちて更に水行く木の葉かな
二柳 「秋しぐれ」

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
加藤楸邨「起伏」

コメントは受け付けていません。