冬木立(ふゆこだち)三冬

【子季語】
寒林
【解説】
冬の樹木「冬木」が群立しているさまをいう。落葉樹も常緑樹も冬木ではあるが、葉を落とした冬枯れの裸木の木立は、鬱蒼と茂る夏木立と対照的にものさびしいものである。

*

冬木立いかめしや山のたたずまひ
才磨 「寝覚廿日」

斧入れて香におどろくや冬木立
蕪村 「秋しぐれ」

郊外に酒屋の蔵や冬木だち
召波 「春泥発句集」

冬木だち月骨髄に入る夜かな
几董 「井華集」

冬木立烏くひきるかづらかな
闌更 「三傑集」  

寒林の日すぢ争ふ羽虫かな
杉田久女 「杉田久女句集」

学園の寒林の中牧師棲む
松本たかし 「火明」

牛乳の噴きこぼれをり冬木立
長谷川櫂 「天球)

コメントは受け付けていません。