枯木(かれき)三冬

【子季語】
枯枝、枯木立、枯木宿、枯木星、枯木道
【解説】
落葉樹が冬になって、すべての棄を落とした状態になること。枯れたように見えることから枯木というが、立ち枯れの木のことではない。

*

其のかたち見ばや枯木の杖の長
芭蕉「小文庫」

花みなかれてあはれをこぼすくさのたね
芭蕉 「栞集」

風渡る枯木も悲し泣くたより
北枝「霜の光」

家遠し枯木のもとのタけぶり
召浪「春泥発句集」

くりくりと立派に枯れし堅木かな
一茶「九番目記」

月一つあるも怪しき枯木かな
河東碧梧桐「続春夏秋冬」

枯るるほど鵜の来てねるや松の色
凡兆「柞原」

枯れゆけばおのれ光りぬ枯木みな
加藤楸邨「起伏」

父母の亡き裏口開いて枯木山
飯田龍太 「忘音」

鵜の揺らし鵜の揺れてゐる枯木かな
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。