雪折(ゆきおれ、ゆきをれ)晩冬

yukiore【解説】
降り積もった雪の重みで、木々の幹や枝が折れてしまうこと。雪の消えたあと大きく傷口をさらす木をみつけ、雪の凄さを思い知らされる。特に冬でも葉を落さない木は折れやすい。

*

雪折れも聞こえてくらき夜なるかな
蕪村 「題苑集」

雪折や生きるつもりといはれしに
長谷川櫂 「虚空」

yukiore

コメントは受け付けていません。