寒菊(かんぎく)三冬

【子季語】
冬菊、霜菊、初見草、霜見草、雪見草、秋無草
【解説】
冬になって咲く菊で、花の色は黄、時に白。秋に咲くものと違って花も葉も小さい。近畿地方以西の日当たりのよい山麓に自生する。十二月から一月にかけ、花がない時に咲くので愛される。京都など寒いところでは、葉が紅葉して美しい。
【科学的見解】
寒菊は、キク科キク属の多年草である。日本の在来種としては、島寒菊(シマカンギク)があり、近畿以西から九州の暖地に自生している。シマカンギクは、別名ハマカンギクやアブラギクとも呼ばれている。また、変種も多く、イヨアブラギク、ツルギカンギク、シロバナハマカンギクなどが、西日本の限られた地域で生育している。(藤吉正明記)

*

寒菊の気随に咲くや藪の中 
来山 「続今宮草」

寒菊や粉糠のかかる臼の端
芭蕉 「炭俵」

寒菊や醴(あまざけ)造る窓の前
芭蕉 「芭蕉書簡」

泣中に寒菊ひとり耐へたり
嵐雪 「玄峰集」

寒菊の隣もありや生大根
許六 「有磯海」

寒菊や夕日に向かふ硯彫
桃隣 「古太白堂句選」

寒菊や日の照る村の片ほとり
蕪村 「落日庵句集」

寒菊や虱をこぼす身のいとま
白雄 「白雄句集」

寒菊や水屋の水の薄氷
蓼太 「蓼太句集三編」

かんぎくや更に花なきはなの後
暁台 「暁台句集」

寒菊やいも屋の裏の吹透し 
正岡子規 「子規全集」

弱りつつ当りゐる日や冬の菊
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。