水仙(すいせん)晩冬

【子季語】
水仙花、雪中花、野水仙
【解説】
ヒガンバナ科の多年草。花の中央には副花冠という部分が襟のように環状に立つ。ラッパ形のもの、八重のものなどがあり、すがすがしい芳香をもつ。
【科学的見解】
水仙(スイセン)は、ヒガンバナ科スイセン属の外来植物であり、関東以西から九州の海岸付近に生育している。地中海沿岸からアジア中部に自生していたものが移入され、野生状態になったとされている。園芸目的に、公園や庭などにも植栽されている。種子はできず、鱗茎で繁殖している。(藤吉正明記)

*

水仙や白き障子のとも映り
芭蕉 「笈日記」

其のにほひ桃より白し水仙花
芭蕉 「笈日記」

水仙の花のみだれや藪屋敷
惟然 「落柿舎日記」

水仙の香やこぼれても雪の上
千代女 「千代尼句集」

水仙に狐遊ぶや宵月夜
蕪村 「五車反故」

水仙の束解くや花ふるへつつ
渡辺水巴 「水巴句集」

水かへて水仙影を正しけり
日野草城 「花氷」

水仙や古鏡の如く花をかかぐ
松本たかし 「松本たかし句集」

水仙を活けて鼓をかざりけり
松本たかし 「松本たかし句集」

水仙の花のうしろの蕾かな
星野立子「立子句集」

新しき家の見取り図水仙花
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。