千両(せんりょう、せんりやう)三冬

【子季語】
千蓼、草珊瑚、実千両
【解説】
センリョウ科の常緑低木。六~七月ごろ黄緑色の花を咲かす。葉の傍に五ミリほどの球形の実をつけ、冬に赤く熟す。江戸時代初期より栽培されている。
【科学的見解】
千両(センリョウ)は、センリョウ科センリョウ属の在来植物であり、関東以西から沖縄までの常緑広葉樹林内に生育している。園芸品種も存在し、公園や庭などに植栽されている。万両(マンリョウ)とともに、正月の縁起物にされている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。