枯菊(かれぎく)三冬

【子季語】
菊枯る、枯残る菊、菊焚く
【解説】
雨や霜、寒気にあたって枯れてしまった菊をいう。時には雪に埋もれていたりする。火にくべるとほのかな香りが立つ。        

色々の菊一色に枯れにけり
柳水 「俳諧古選」

枯菊に著綿程の雲もなし
正岡子規 「子規句集」

枯菊や凍たる土に立ち盡す
正岡子規 「子規句集」

菊枯れて松の緑の寒げなり
正岡子規 「子規句集」

枯菊と言捨てんには情あり 
松本たかし 「俳句文学全集」

枯菊を焚いて鼻澄む夕べかな 
臼田亜浪 「旅人」

枯菊やこまかき雨のゆふまぐれ
日野草城 「青芝」

コメントは受け付けていません。