枯蓮(かれはす)三冬

【子季語】
枯はちす、蓮枯る、蓮の骨
【解説】寒い風が吹く頃の蓮である。葉や実が朽ちて無残な状態になる。この頃蓮根掘りが始まる。

*

枯蓮や寝つかぬ鴛の古衾 
斑象? 「発句題叢」

蓮枯れて池あさましき時雨かな 
蕪村? 「蕪村書簡」

蓮枯れて夕栄うつる湖水かな 
正岡子規 「子規句集」

桔蓮や本郷台に日が当る  
佐藤紅緑 「紅緑俳句集」

蓮枯れて龍の眠れるところかな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。