冬の草(ふゆのくさ)三冬

【子季語】
冬草、寒草、冬青草
【解説】
冬でも青い常緑の草、あるいは枯れ残った草のこと。回り一面が枯れている中でその緑が目立つ。厳しい冬を耐えて生き生きと根を張るその生命力には驚かされる。

*

冬草やはしごかけ置岡の家
乙二 「をのゝえ草稿」

敷藁に冬草青し蜜柑畑
青雉 「をのゝえ草稿」

冬の草眼に見あるけば限りなし
原石鼎  「原石鼎全集」

冬草に母のこゝろの影来る
原石鼎  「原石鼎全集」

コメントは受け付けていません。