枯蘆(かれあし)三冬

【子季語】
蘆枯る、蘆の枯葉、枯葦原、寒蘆、枯芦、
【解説】
水辺や湿原に残った蘆が折れ伏したり、立ったまま枯れているさまをいう。一面の枯蘆原に淡い日が差したり、枯蘆が風に音を立てる様子は、冬の景色を一層寂しいものにする。
【科学的見解】
蘆の生物学的標準和名は、ヨシとなっている。ヨシ(別名:アシ・キタヨシ)は、湿地を代表とする在来の草本植物であり、北海道から沖縄まで広く分布する。穏やかな水辺を好むため、池沼や河川下流の河口付近などで生育する。ヨシの茎は、しなりがあり丈夫なため、枯れた後の茎は刈り取られ、葦簀や簾などの活用されてきた。(藤吉正明記)

*

枯芦や難波入江のささら波
鬼貫 「大悟物狂」

枯芦や朝日に氷る鮠の顔
惟然 「藤の実」

青天に河辺の芦の枯葉かな
暁台 「あさかり」

枯芦や低う鳥たつ水の上
麦水 「葛箒」

枯芦の日に日に折れて流れけり
闌更 「有の儘」

枯芦や夜々に折れ込む鴨の上 
素丸 「素丸発句集」

枯芦の中に火を焚く小舟かな 
正岡子規 「子規全集」

枯蘆や同じ處に捨小舟 
正岡子規 「子規全集」

枯蘆を刈りて洲崎の廓哉
正岡子規 「子規全集」

枯蘆のすきまの水の夕映えて
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。