枯芒(かれすすき)三冬

【子季語】
枯尾花、芒枯る、枯薄、尾花枯る、冬芒
【解説】
枯れ尽くした芒。葉も穂も枯れ果て、茎の部分が風に揺れる姿は
寂寥感の極み。枯れ尽くした芒も野原一面に群れると美しくもあ
る。雪や風の中に見るのも風情がひとしお。芒は秋の季語。 
 
*

ともかくもならでや雪の枯尾花
芭蕉 「北の山」

枯きつて風のはげしき薄かな
杉風 「木曾の谷」

枯尾花野守が鬢にさはりけり
蕪村 「蕪村遺稿」

水際の日に日に遠しかれを花 
暁台 「暁台句集」

土になれ土になれとやかれ尾花 
一茶 「七番日記」

空也寺や町から見ゆる枯尾花
梅室 「梅室家集」

落柿舎のひとむら芒枯れにけり
村上鬼城 「定本鬼城句集」

路傍の石に夕日や枯すすき
泉鏡花 「鏡花全集」

枯尾花日光富士を消しにけり
渡辺水巴 「水巴句集」

日にとくる霜の白さや枯芒
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。