穴惑ひ(あなまどい、あなまどひ)仲秋

【解説】
秋の彼岸をすぎ、寒さが増す中でも冬眠の穴にはいらず、地上に残っている蛇のこと。「蛇穴に入る」ともいう。春は「蛇穴を出る」。

*

それぞれに片付顔や蛇の穴
浪化 「浪化上人句集」

蛇の穴阿房(あほう)鼠が入りにけり
一茶 「一茶俳句帖」

穴撰みしてやのろのろ野らの蛇
一茶 「八番日記」

樋竹をのたりあるくや穴惑
都雀 「発句題草」

コメントは受け付けていません。