浮寝鳥(うきねどり)三冬

【子季語】
浮鳥
【解説】
毎年越冬のため、毎年日本に渡ってきて川や湖沼で一冬を過ごす水鳥の群れ。鴨・雁・鳰・鴛鴦・白鳥などが、水面に浮かんで眠るさまをいう。おおかたは羽根に首を突っ込みまるまった姿で浮いている。

*

鳥共も寝入ってゐるか余呉の海
路通 「猿蓑」

暁の山を越え来てうきね鳥
暁台 「暁台句集」

月澄むや音なき水に浮寝鳥 
蘭更 「半化方合句集」

江戸橋やつい人馴れて浮寝鳥
一茶 「七番日記」

水鳥のおもたく見えて浮きにけり
鬼貫 「鬼貫句集」

汽罐(かま)のもの火のまゝ棄つる浮寝鳥
久米三汀 「返り花」

燦爛と波荒るゝなり浮寝鳥
芝不器男  「定本芝不器男句集」

この旅の思ひ出波の浮寝鳥
星野立子「笹目」

浮寝鳥よべは大きな月の中
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。