春隣(はるとなり)晩冬

【子季語】
春近し、明日の春、春信、春まぢか、春とおからじ
【解説】
晩冬には寒さが緩む日が多く、春の訪れを感じることが多くなる。春の隣は春が近いということ。春がもうすぐそこまで来ていること。春の気配。春を待ちわびる気持ちに立った季語。

*

一吹雪春の隣となりにけり
前田普羅 「普羅句集」

ほどけたる雪に日溢れ春隣
日野草城 「昨日の花」

借りし書の返しがたなし春隣
松本たかし 「石魂」

鳥笛は息のなきがら春隣
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。