春の雨(はるのあめ)三春

harunoame【子季語】
暖雨
【解説】
春に降る雨の総称。雨には概して陰鬱なイメージがつきまといが ちであるが、この季語には春ならではの明るく暖かな雰囲気があ る。なお、「三冊子」では陰暦正月から三月の初めに降るのを春 の雨。それ以降は春雨と区別している。 

*

不精さやかき起こされし春の雨
芭蕉 「猿蓑」

状見れば江戸も降りけり春の雨
鬼貫 「鬼貫句集」

生壁のにほひや残る春の雨 
許六? 「射水川」

三井寺の鐘きく春の雨夜かな
蓼太 「蓼太句集初篇」

雛見世の灯を引くころや春の雨
蕪村 「蕪村句集」

石ころも雑魚と煮ゆるや春の雨
前田普羅 「普羅句集」

ちとやすめ張子の虎も春の雨
夏目漱石 「漱石全集」

春の雨ひゞけりいつの寝覚にも
日野草城 「旦暮」

空缶に錆たまりけり春の雨
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。