一葉忌(いちようき、いちえふき)初冬

【解説】
明治の小説家・樋口一葉(一八七二~一八九六)の忌日、十一月 二十三日。本名は奈津、東京生まれ。一家を支えるため実生活は 困窮を極めたが「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」などの傑 作を次々に発表。肺結核のため二十四歳で死去。

コメントは受け付けていません。