夏燕(なつつばめ)三夏

【解説】
夏に飛ぶ燕である。燕は、春、南方から渡ってきて繁殖活動に入 る。四月下旬から七月にかけて二回産卵する。雛を育てる頃の燕 は、子燕に餌を与えるため、野や町中を忙しく飛び回る。

乙鳥はまぶしき鳥となりにけり
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。