唐辛子(とうがらし、たうがらし)三秋

【子季語】
唐辛、南蛮、南蛮胡椒、鷹の爪、ピーマン
【解説】
ナス科の一年草。白い花のあとに青い実をつける。秋、真紅に色 づくと辛味が一段と増すために、香辛料として用いる。

*

すりこ木も紅葉しにけりに蕃椒
宗因 「難波草」

青くても有るべきものを唐辛子
芭蕉 「深川集」

かくさぬぞ宿は菜汁に唐がらし
芭蕉 「猫の耳」

草の戸をしれや穂蓼に唐がらし 
芭蕉 「笈日記」

此のたねとおもひこなさじたうがらし
芭蕉 「岨の古畑」

きざまれて果てまで赤し唐がらし
許六 「風俗文選註解」

うつくしや野分の後のたうがらし
蕪村 「夜半叟句集」

年よりの唇いやしたうがらし
召波 「春泥発句集」

唐辛子一ツ二ツは青くあれ 
正岡子規 「季語別子規俳句集」

唐辛子からき命をつなぎけり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

コメントは受け付けていません。